スタッフ安立

エルヴィス~映画から影響を受けたこと~

 

エコプロコート営業担当の安立です。

私の好きなアーティストの一人

映画エルヴィスを観てきました。
音楽で世界を変えたスーパースターの伝説の裏側。実話。

エルヴィス・プレスリー
1935年1月8日 – 1977年8月16日

エルヴィスは世界で最も売れたソロアーティストとしてギネスに認定されています。(レコード総売り上げ6億枚)
当時はあり得ないとされていた、白人と黒人の音楽を融合させ、新ジャンルを創出して人種の架け橋となりました。
あのビートルズやクイーンにも大きな影響を与えた存在です。

20代の頃よくエルヴィスの曲を聴いていました。
当時は、髪型も少し真似ていました(笑)

観客の方は、リアルタイムで熱狂的ファンであったであろうご婦人たちが多かったです。
上映時間2時間39分あるんですが、42年のエルヴィスの人生をジェットコースターのように駆け抜け、あっという間でした。

何度でも立ち上がる

度重なるピンチを切り抜け、不死鳥のように復活を繰り返しました。
その姿に感動し、自分も頑張ろうと思えました。

信念を貫く

自由の国アメリカが、エルヴィスのパフォーマンス(奇抜なヘアスタイルと衣装、腰を動かし体をゆらし、全身で観客に向かい合う)を、犯罪者扱いするほど受け入れられなかった頃に、自分のやりたいこと(信念)を貫きました。

映画後半で、こんなセリフがあります。
「誰に何と言われようと、自分の心に従え」

カッコイイ~!!男も惚れてしまいます。
私もそんな男を目指します。

知っているようで知らない、エルヴィス・プレスリーの真実。
お勧めです。機会があれば、ぜひご覧になってください。

 

フロアコーティング 「エコプロコート」

わんちゃん用フロアコーティング「愛犬の床」

 

コメントを残す

*