スタッフ小坂田

シェフ小坂田 第2皿目

今日は、一人飯の時にたまに作る【俺流チキンライス】をご紹介します。

材料

この日の入っていた冷蔵庫の食材で勝手に使っても怒られなさそうな材料を使用。

【鶏肉】

・皮付き鶏もも肉 1枚

・塩

・コショウ

・クレイジーソルト

・オリーブオイル

 

【チキンライス】

・玉ねぎ

・鶏もも肉 ※食感の好みでむね肉でも。

・ケチャップ

・塩

・コショウ

・バター

・ごはん

・隠し味としてマスタード少々

 

前もってお断りします。

何も考えず作っており途中で出来が良さそうだったので写真2枚しかありません。

 

Allez cuisine!!

【鶏肉】

コンフィという熱した油で火入れする調理法を採用しています。

・もも肉を均等の厚みになるようにトリミング。刻んでチキンライスの材料に。

・フォークで皮面の全体的に刺して穴あける(縮み防止)。

・皮面に塩コショウのみ、肉の部分にコショウとクレイジーソルトをふる。

※クレイジーソルトを皮面に使うとハーブが焦げてしまい良さが出ません。後でフライパンを洗うのが大変になります。

・中火で熱したフライパンにオリーブオイルを入れ皮面を下にして焼く。

・皮面に近い身が白く変わったら、フライパンを斜めにし、スプーンでひたすらアツアツの油をかける。

・熱した油が身の部分でバチバチはじいたら指で触って弾力の確認ができたら火入れ終了。

【チキンライス】

・みじん切りにした玉ねぎをバターで炒める。

※食感がある方が好みであれば色が変わる程度、甘いのが好きなら飴色まで。

・鶏肉を入れ、火が入ったらケチャップを入れ具材に纏わせながらケチャップの水分を少し飛ばす。

・好みで少量のマスタードを入れケチャップの甘さを締める。

・ごはんを入れ纏わせる。

・塩コショウで整える。

皮は香ばしくパリパリで肉はしっとり柔らかく上手にできました。

娘の好きな料理として挙げてくれるのでうれしいですね。

 

 

油が跳ねる料理なのでコンロ回りがベトベトになりがち。

そんな我が家には水回り防汚コーティングで掃除がしやすくて重宝しています。

特にお料理が好きな方におすすめします。

 

 

コメントを残す

*