スタッフ星山

UVコーティングに煙草を当ててみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

皆さんこんばんは!

 

エコプロコート営業の星山です☆

 

 

連日多数お問い合わせも頂いておりますが、

じつは、お客様から「UVコーティングは熱にはどれくらい耐えられるんですか??」といったご質問をよく頂きます。

 

よって、耐熱性がどれほどあるのか、、、。

煙草を使って実験してみました。

 

 

 

左側がUVコーティング、もう片面が未施工です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果としてはどちらも茶色くはなりましたが、パッと見てどちらも焦げている印象です。

そこで、アルコールで表面をこすって拭いてみました。

 

 

すると、、、、

 

 

コーティング施工側の面が薄くなり、アルコールでふき取るだけで大分綺麗になりました☆

 

拡大してよく見てみると、、、

 

 

 

コーティング施工を行っていない面はシートごとぶよぶよに溶けているのが分かります。

一方、コーティングの面はコーティングの塗膜に実は影響がなく、コーティング下の床材に温度が伝わり

床材だけが少々焦げているのがお分かりになるかと思います。

 

 

 

お煙草を吸う方がいらっしゃるご家庭では、

うっかり床に煙草を落としてしまって、、、という事も多々あるかと思います。

 

万が一焦がしてしまった場合は、是非エコプロコートまでお問い合わせいただければ、補修に向けてお手伝いをさせて頂きます。

※焦げの状態により、修復できない場合もございます。。。

 

 

 

コメントを残す

*