スタッフ星山

聲の形

私が久しぶりに観て、改めて良いと思ったアニメ映画をご紹介いたします。『聲の形』です。

2016年にアニメ映画化された、大今良時による日本の漫画です。聴覚障害をテーマにしています。漫画は『週刊少年マガジン』にて掲載されました。

簡単なあらすじについて、下記まとめました。

引用【聲の形 公式サイト】

『聲の形』あらすじ

やんちゃな今どきの男の子、小学校6年生の石田将也は、仲間とつるんで、刺激的な面白いことを探す毎日を過ごしますが、ある日、先天的に聴覚障害を抱える転校生の少女、西宮硝子が転校してきます。硝子は耳が聞こえない為、筆談用ノートを使ってクラスメイトとコミュニケーションを取ろうと試みました。

最初はサポートに協力的だったクラスのメンバーも、日々の授業の進行、合唱コンクールに向けての練習、音読の時間など、あらゆる場面において硝子が聞こえないだけでなく上手く発声も出来ないことから、周囲が彼女に振り回され、疎ましいからか次第に陰口も言われるようになり、

日常に退屈していた将也はついに、クラス全員を巻き込みながら、硝子へのいじめを先導していきます。最終的には硝子がいじめによって怪我をしたことから(怪我後、硝子は転校します。)、そこで初めて教師が厳しく介入。

クラスメイトは保身のためにいじめは将也一人の責任とし、その結果、将也はクラスで孤立。逆にいじめられる側として、小学生高学年~高校生までの時期を孤独に過ごすこととなりました。

『聲の形』ではいじめっ子、いじめられっ子だった石田将也、西宮硝子の二人が、いじめ騒動があってからの5年後に再会し、お互いが、かけがえのない唯一の理解者となっていく過程が描かれています。

もう一人のヒロイン 植野 直花

石田将也と西宮硝子の二人のストーリーかと思いきや、実は隠れたもう一人のヒロインがいます。それが、植野直花です。

星山の好きなキャラなので、シャーペンと色鉛筆で落書きを描いてみました。下手くそで申し訳ございません。。。

 

実は彼女は小学生のころ、西宮硝子を石田と一緒にいじめていた張本人です。しかし、いじめ発覚後は石田や西宮とも疎遠となり、高校生になって偶然再会を果たします。

コミュニケーションの難しさの中でも懸命に生きる西宮硝子に対し、再会を果たした後も、植野は硝子のことを好きになれません。

理由は、植野直花は石田将也のことが小学生のころから密かにずっと好きだったからです。

 

誰にも気づかれない恋心

石田のことは好きだけれど、そんな大好きな石田は西宮硝子のことばかり。植野は本音を誰にでもストレートにぶつける直球型の女の子です。でも唯一、好きな石田にだけは空回りしてしまう不器用さも持ち合わせます。

嫌いなら嫌い、うざいならうざい、キモいならキモい!とだれかれ構わず吐き捨てます。物凄く口が悪い子です。いじめはダメと分かっている、後悔している、人を傷つけていいわけではない。もう前に進まなきゃ。昔みたいに、みんな仲良くなりたい。皆元通りに、私がなんとかしなくちゃ。このままじゃいけない。でも、西宮硝子がきたせいで全部がおかしくなった。あいつのせい。やっぱり西宮は好きになれない。

そんな葛藤を抱えた口の悪いキャラの植野直花は、読者からの反応として人気もありますがその分アンチも多いようです。(笑)

このキャラクターを、星山が好きだと思った理由について。

それは、作中では植野だけが唯一、障害のある西宮硝子を「弱い者」としてみるのではなく、体当たりでぶつかっていったからです。誰よりも「障がい者」と差別せずに、対等に硝子に対して接していたのが植野だったのではないかと思います。

「私は、私が嫌い、、、。」と下を向く西宮硝子に対し、植野はバシッと頬を殴ります。(女の子なのに怖いですが)

「私だって自分が嫌いなんだよ、でも私がちゃんと大嫌いなあなたに前向いてはなしてるんだから、ごめんなさいばかりじゃなくて、自分の殻を破って本気でぶつかってほしい、ちゃんと硝子に私の話を聞いてもらいたい」そんな風に植野は思ったのではないかと思います。

補足ですが、嵐のような植野直花はなんだかんだ言い、西宮硝子の為に後半ではきちんと手話も覚えます。ツンデレな植野直花ちゃんが、私は大好きです。(笑)

私は私が嫌い

「私は私が嫌い」

もし心のどこかでそんな風に自分を思っている人がいたとしたら、、、

是非、この作品を観て頂けたら嬉しいです。

コメントを残す

*