スタッフ瀬川

世界で1番タオルを売るおじさん〜フロアコーティングのエコプロコート

瀬川です

突然ですが皆さんは人前に出る職業(俳優や歌手、芸人、タレントなど)の人たちがどういった仕組みでお金を貰っているかご存知ですか⁇

僕たち格闘家(アスリート)もこの枠に入ります。

今回はその中でも上手な収入の仕組みを作った誰もが知っている有名人の話しです!!

 

収入源は大きく2つ

アスリートや芸能人の収入源は大きく分けて2つあります。

お客様から直接お金を貰うダイレクト課金(ファンクラブ、グッズ代、チケット代など)と広告収入(CMや案件、企業や主催者などから貰うお金)の2つになります。

最近流行りのクラウドファンディングはお客様から直接支援を頂くので、ダイレクト課金になりますね。

逆に自分達が貰うファイトマネーや芸能人がテレビに出て貰う出演料は広告収入になります。

有名人やその業界でトップにいる人などは広告収入の割合が高くなります。

 

タオル売りのおじさん

お金の仕組みに関連する面白い記事がありました!

キンコン西野「矢沢永吉は本当にすごい!」、その理由は?

皆さんが知っている矢沢永吉さん

記事を要約すると…

矢沢永吉さんはLIVEのクオリティが高く、誰もが知っているトップアーティストです。ただCDの売り上げがジャニーズやAKBのように凄く売れているイメージはないですし、ミリオン作品も出していません。

ただ矢沢永吉さんはLIVEのピーク時にお客さんと一緒にタオルを投げます。

その時にタオルを投げたお客さんがタオルを投げて落として消耗してしまう。だからYAZAWAタオルはLIVEの度に凄い数が売れます。(もちろんそういった理由なく矢沢永吉さんのタオルを買っているファンの人達は沢山いらっしゃいます)

ただ矢沢永吉さんはYAZAWAタオルがかなり根付いていて、ロックンローラーではあるのですが世界で1のタオル屋さんなのです。(タオルの売上げは年間で億単位らしいです)

タオルを売ることによって売上げが確保されているから、矢沢永吉さんはよくアーティストさんが言うような「思いとは違うけど売れるための作品」を作る必要もなく、資金に困ることなくクオリティを高め自分の世界観で作品やLIVEを作ることが出来ています。

 

自分の母親も矢沢永吉さんのLIVEに行ってタオルを買っていました(笑)

 

最近はクラウドファンディングやYouTube、Tiktokなどを使って本業とは別に収入を作って、本業のクオリティを上げる人が増えました。

自分が働きながら格闘技をやるデュアルキャリアもこの中の一つですね!

 

 

コメントを残す

*