愛犬の床

プロジェクト20は「愛犬の床」から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

築年数が経過した床は施工をお断りする

築年数15年でワックスが複数回かかっていると施工を断るコーティング業者さんが結構います。
かくいう弊社もそうでした。理由はコーティングの前に床を洗浄するのですが、床の劣化が進んでいるため、思わぬ傷みが現れたりすることあってトラブルとなるからなんです。

お困りのお客様がいる・・・何とかならないかなぁ

社長のつぶやきが始まりでした。2014年、築年数が古くても、愛犬の為になんとかしたい!そういうお客様のニーズに応える為、取り組み始めました。プロジェクト20の数字は、築年数を表しています。
いつ、どのような傷みが現れるのか、ドキドキです。現場の施工スタッフはもっともっとドキドキですし、そうなった時の処理は、通常の何倍も手間がかかります。

プロジェクト20の第一号のお客様は、福島県で愛犬ハルちゃんのために2014年8月に「愛犬の床」を施工しました。
築20年で、掃きだしなど傷みがありましたが、予想よりはスムーズに終了することができました。

「愛犬の床」を施工してよかった!

つい最近、第一号のお客様から、久しぶりのメールをいただきました。このお仕事で一番嬉しい瞬間です!

「お元気でお過ごしでしょうか。
それにしても愛犬の床施工からもう4年が経つのですね。

築年数の半端ない家でしたので、施工にはさぞお気を遣われたことでしょう。
いただいた特製モップでお手入れを怠らず、施工当初の艶を今も保っています。でも、やはりどんな汚れにも強く二度とワックスがけが必要ないというのは、年数が経てば経つほど有難く実感します。素晴らしいです(^^

ハルはお陰様でケガや病気もなく(ケガがないのは勿論「愛犬の床」スタッフの皆様のご尽力のお陰です)、先月7歳のお誕生日を迎えましたが、ますますお転婆&甘えん坊で元気に過ごしております。

今日明日と郡山市の大きなイベントホールで東北最大級のペットカーニバルが開催されており、ペット用品のPRもあるとのことでしたので、ふと愛犬の床の皆様のことを思い出していたところです。多くのお客様の信頼を得ていらっしゃる皆さまのこと、日々お忙しくされていらっしゃるのでしょうね。

お体には日頃から呉々もお心を向けていただき、ますますのご活躍を心からお祈り申し上げます」

ハルちゃん、お口をぶつけて人間の唇のようになっているとのことです^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*