スタッフ安立

今を精一杯生きる ~フロアコーティングのエコプロコート~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

エコプロコートスタッフ安立です。

 

平日の休みに、久しぶりに映画を観に行ってきました。

 

 

余命10年

 

SNSを中心に反響を呼んだ小坂流加の同名恋愛小説を、
小松菜奈と坂口健太郎の主演、「新聞記者」の藤井道人監督がメガホンで映画化。

数万人に1人という不治の病に冒され余命10年を宣告された20歳の茉莉(小松菜奈)は、
生きることに執着しないよう、恋だけはしないことを心に決めていた。

ところがある日、地元の同窓会で和人(坂口健太郎)と出会い恋に落ちたことで、
彼女の最後の10年は大きく変わっていく・・・。

人気ロックバンドの「RADWIMPS」が、実写映画で初めて劇伴音楽を担当。
観客動員数が200万人、興行収入25億円を突破している映画です。

 

コロナ禍、平日お昼の上映開始ということで人も少なかったので、
周りの目を気にすることなく、思い切り泣きました。

余命を知り生きていく悲しみに胸が痛みました。

 

余命10年って笑っちゃうよね。長いんだか、短いんだか。

 

映画に出てくる、茉莉の印象的なセリフです。

 

自分があと10年しか生きられないとしたら、

家族のため、一緒に働く会社の人たちのために何が出来るだろうか。

人生を大切に生きられるだろうか。

「死」を意識することで「生」について深く考えさせられました。

 

「今日」という日は一生に一度しかない。

 

だから、すべての1日が、「精一杯頑張った」という生き方をしたいと、

そう思わせてくれた映画でした。

 

また観に行くかもしれません笑

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*