スタッフ瀬川

フランスで生体販売が禁止に~フロアコーティングのエコプロコート~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

瀬川です(´・ω・)

今日は保護犬格闘家らしく愛護のことについて書きます(‘Д’)

 

フランスで動物愛護法改正

フランス上院は18日、動物愛護に関する法改正案を賛成多数で可決した。動物の福祉や衝動買い防止の観点から、犬と猫はペットショップでの販売を2024年から禁止する。
マクロン大統領が近く署名し、施行される。
 犬や猫を飼う場合、保護団体や個人からの譲渡、ブリーダーからの直接購入となる。

 

まとめるとこんな感じです!

その他にも決まったことがあります。

・犬と猫はペットショップでの販売を2024年から禁止

・犬猫を飼う場合は保護犬猫の愛護団体かブリーダーからの直接購入

・施設でのイルカやシャチのショー、移動型サーカスでの野生動物の利用を禁止する(将来的に)

・ウサギや魚は引き続き販売されますがショーウィンドーへの陳列は禁止

 

日本のペット業界

日本の動物業界は他の国に比べてかなり遅れていると言われています。

年間で沢山の犬猫たちが全国で殺処分されています。

犬猫たちが殺処分されてしまう大きな要因の1つにペットショップの仕組みが原因となっています

 

僕自身は過去現在も含めて4匹の犬を飼っていましたが、

ペットショップ→ペットショップ→保護犬→保護犬で家族に迎えました。

なのでペットショップでも保護犬でもどちらでも良いと思っています。どちらにもそれぞれで良さがあります。

ただ犬猫を迎えようとしている時に保護犬も選択肢の1つになればと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*