愛犬の床

愛犬の床施工後、思っても見なかったこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
愛犬の床
2021年8月施工の愛知県安城市のN様の愛犬の大福くんです。
なんだか履歴書に貼りたくなるようなシャキッとした写真です^^ N様から頂いた施工後のメールをご紹介します。
愛犬の床

床が変わるだけで自分の気持ちまで変わるとは!

新しく犬を飼うために滑らない床にしようと思い、初めて連絡してからずっと、誠実で素早い対応をしていただきました。
実際の床はもちろん気に入っていますが、担当してくださった方々が、お願いしてよかったと思える方ばかりでした。

愛犬の床を施工していただいてから1週間になりますが、毎日気持ちよく過ごしています。
これまでは、家族の中で私だけスリッパを履いていましたが、今は、素足で歩く感触が気に入っています。

フレブルの大福が走っていても、ピタッと止まることができるようになりました。
まだトイレの練習中なので、失敗がありますが、すぐにトイレットペーパーで拭き、シートで拭いた後、乾拭きしています。

少しでも長く、この床が続くよう、大切にケアしていきます!
今後も、困ったことが出てきましたら、ご連絡させてください。

施工していただいた柘植様とアシスタントの方にも、よろしくお伝えください。

床が変わるだけで自分の気持ちまで変わるとは思っていませんでした!
お願いしてよかったです。ありがとうございました。

この仕事に出会えて良かった!

改めて、わたしたちの仕事は人に「感動」をお届できるものと再確認できました。
施工責任者の柘植さんです。岐阜エリア担当の経験豊かな施工代理店さんの一つです。
写真はペットプラス各務原店さんでのイベントの際の様子です。

「頼んで良かった!と思って頂けるようにするのは施工責任者として当たり前だと思っています。とはいえ築20年の床のため表面劣化があり施工に汗かきましたが、最後にはお客様が感動して頂けてたとの事ですので、アシスタントの原と小さくガッツポーズしました^^」

この仕事に出会えて良かった!そう思える瞬間です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*