貼り替え

信頼とプロ意識の問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エコプロコート営業担当の曺(ちょう)です!
今年、生まれて初めて花粉症の薬のおせわになりました。

つい先日、下関で床の貼り替えから「愛犬の床」を施工させて頂きました。
貼り替えは現地の業者さんがしたのですが、お住まいのトイレを勝手に使用(エコプロコートの施工ではあり得ないことです!)したり、ちょっとした事件がありました。その後、私たちが「愛犬の床」を施工したのですが、お客様からこんなメールを頂きました。

「本当にピカピカの滑らないフローリングにして頂いて感謝します!!「愛犬の床」コーティング作業に来て頂いた方々も、とってもきちんとされていて安心してお任せすることが出来ました。エコプロの方々がきちんとされていただけに、やはり貼り替え作業の方々の接遇など色々なことが引っ掛かってしまいます。信頼とプロ意識の問題です」

嬉しいお言葉であると同時に「信頼とプロ意識の問題」というコメントに身が引き締まる思いです。今日も日本全国でエコプロコート・UV「愛犬の床」のコーティング施工が行われています。「信頼とプロ意識」を胸に秘めて。

ちなみに仕上がりはこんな感じです。床が貼り替えで新しいので大きな差は無いようですが、写真下の天井の照明の写り具合がはっきり違うことがお分かり頂けます^^

「愛犬の床」施工前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「愛犬の床」施工後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*